毎年やってくる花粉の時期。花粉症の方は、憂鬱で仕方ないですよね。しかし近年では、花粉症に効くといわれている成分が次々と発見されています。その中でも最も効果的なクラチャイダムという成分を耳にしたことはありませんか?実は、クラチャイダムを使ったサプリメントが発売されているほど、その成分に大きな効果があると期待されているのです。クラチャイダムって一体どんなものなのか、また、なぜ花粉症に効くといわれているのか詳しく解説していきます。

クラチャイダムとは?

クラチャイダムとは、別名ブラックジンジャーとも呼ばれ、タイやラオスを原産とした天然物のハーブの一種です。元々は、滋養強壮や男性の精力を増強させる効果があるとして、昔から現地の人には欠かせないものになっていました。クラチャイダムは、日本で言うと生姜に近い植物です。

・クラチャイダムの歴史
1000年以上前から現地では親しまれてきました。しかし、クラチャイダムの成分や病気に効く効果などが科学的に立証されたのは最近のことです。また、クラチャイダムは海外でしか生産できないとされていたのですが比較的気候が近いといわれる日本の沖縄県でも栽培されるようになりました。日本での認知度も上がってきているのです。

・クラチャイダムに入っている成分
クラチャイダムに入っている成分には、ブルーベリーなどに含まれるアントシアニン、アルギニン、クルクミン、ポリフェノール、セレン、リジン、チロシン、ロイシン、グルタミン酸、アスパラギン酸などが含まれています。健康に必要な数多くの成分が詰まっているのです。

なぜクラチャイダムが花粉症に効くの?

では、どうしてクラチャイダムが花粉症に効果的といわれているのでしょうか。花粉症が起こる原因や、改善するためにはどのような成分が必要なのか、クラチャイダムが花粉症に効く理由を詳しく説明していきます。

・そもそも花粉症って?
花粉症とは、花粉によって起こる即時型アレルギーのことです。主な原因となる花粉はスギやヒノキ、ブタクサなどが挙げられます。花粉症を発症すると、花粉が鼻や目の粘膜に触れることで、くしゃみ、鼻づまり、鼻水、咳、目のかゆみなどの症状が伴い、花粉の時期が終わるまで症状が長く続くのです。花粉症患者は年々増えており、日本だけでも2000万人以上いると言われています。つまり、5人に1人は花粉症なのです。

・クラチャイダムが花粉症に効く理由
まず、花粉が体内に入ってくると、この物質は有害だとみなして体は退治しようとします。この時に花粉を洗い流そうとヒスタミンという物質が出されるのです。このヒスタミンによって、くしゃみや鼻水、目のかゆみなど花粉症の症状が起こります。しかし、先程のクラチャイダムに入っている成分で紹介したアントシアニンを摂取すると驚くべき効果を発揮したのです。

アントシアニンがどのような効果をもたらすのか、花粉症になりやすい性質を持ったマウスを使って研究を実施しました。アントシアニン入りのエサを食べ続けたマウスと、通常のエサを食べ続けたマウスで、花粉症の時期に症状を比較すると、通常のエサを食べ続けたマウスに比べてアントシアニン入りのエサを食べ続けたマウスは花粉症の原因であるヒスタミンが約60%も減少し、体をひっかく回数も約60%減少したのです。このことから、アントシアニンは花粉症に効果的だとされ、アントシアニンを多く含んでいるクラチャイダムが花粉症に効くと実証されています。アントシアニンを多く摂取することでかなり花粉症の症状が緩和されるので、花粉症に悩んでいる方はクラチャイダムを試してみてください。